vimの挿入モードでの操作をemacsっぽく

vimの挿入モードでのキーバインドemacsっぽくしてみました。
vimrcに以下を記述

" カーソル移動
inoremap <C-p> <Up>
inoremap <C-n> <Down>
inoremap <C-b> <Left>
inoremap <C-f> <Right>
inoremap <C-e> <End>
inoremap <C-a> <Home>
inoremap <C-d> <Del>
" カーソルのある行を画面中央に
inoremap <C-l> <C-o>zz
" カーソルより前の文字を削除
inoremap <C-u> <C-o>d0
" カーソルより後の文字を削除
inoremap <C-k> <c-o>D
" アンドゥ
inoremap <C-x>u <C-o>u
" 貼りつけ
inoremap <C-y> <C-o>P

C-oの使い道ってこういう所にもあるんですね!