SBCLで実行ファイルを作る方法

  1. コマンドプロンプトでSBCLを起動
  2. 実行ファイルにしたいプログラムを書き込みかloadで読み込ませる。
  3. (sb-ext:save-lisp-and-die "実行ファイルのパス" :toplevel 'メイン関数名 :executable t )
    • 作った実行ファイルに引数を渡す時は、*posix-argv*という変数を通して引数を参照する事ができる。