Closure HTMLの使い方メモ

Common LispのライブラリClosure HTMLを使ってみたので、簡単な使い方メモを書いておきます。
ちなみにClosure HTMLとはHTMLをlhtmlというS式に変換してくれるものです(その逆も可)。
(英語だけどClosure HTML Examplesにもっと詳しくく書いてあります)

htmlからlhtmlに

(chtml:parse "変換したいHTM"L (chtml:make-lhtml-builder))

"変換したいHTML"は文字列で指定

lhtmlからhtmlに

(chtml:serialize-lhtml "変換したいlhtml" (chtml:make-string-sink))

"変換したいlhtml"は文字列を指定

変換対象をファイルで指定したい場合

(chtml:parse #p"ファイルのパス" (chtml:make-lhtml-builder))

htmlの構文チェックし、おかしな箇所があれば修正する

(chtml:parse "チェックしたいhtml" (chtml:make-string-sink))